クリームたっぷり!チョコバナナのクレープ ファミマスイーツ

クリームたっぷり!チョコバナナのクレープ

皆様こんばんは!

本日もファミリーマートで美味しいスイーツを探しに行ってきました!

今日紹介するスイーツはクリームたっぷりチョコバナナのクレープです!

ファミリーマートで2019年2月5日に発売されました。
お値段は、税込み298円。

しかしながら、クレープは美味しいですよね。
クレープが好きすぎて外出先などでもクレープのお店を見かけると必ず買い食いしてしまうんですよね(笑)

こちらが成分表

(1個当たり)

熱量293㎉
たんぱく質5.2g
脂質15.2g
炭水化物34.1g
ナトリウム68mg

アーモンドスライスも入っているようですね。
結構知っている人もいると思いますが、アーモンドは天然のサプリメントと呼ばれているほど栄養価が高い食品です。

アーモンドの栄養の中で、最も注目を集め話題となったのが、トコフェロール、つまりビタミンEです。
アーモンドには、ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEには抗酸化作用があり、これが医薬品、化粧品、食品に使用されています。
抗酸化作用により肌に悪影響を及ぼす活性酸素を防ぎ、血行促進や肌荒れ改善効果により、くすみ、くま等の改善が期待できます。

こういった効果が期待できることから、海外のスーパーモデルなどもアーモンドを愛食していました。

ただし、ナッツ類は基本的に脂質が多いためカロリーが高くなりがちです。
ですから、食べすぎるのほ避けなければいけません。
しかし、脂質とはいってもコレには種類があります。
あまり詳しい話をするとややこしいし長くなりますので、割愛して説明しますね。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸とは、主に動物性の食品に多く含まれています。
お肉などですね。※基本的に魚は該当しません。
飽和脂肪酸は、人間にとって欠かせない栄養素はあまり含まれておらず、摂りすぎは避けるべき脂肪酸とされています。
それに比べ不飽和脂肪酸は、人間の体に必要とされている脂肪酸が含まれています。
不飽和脂肪酸にも、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸に分類されますが、
多価不飽和脂肪酸の説明は割愛しますね。

アーモンドに含まれているのは一価不飽和脂肪酸で、オレイン酸が代表的です。
オレイン酸は体内環境を整え過酸化脂質を作りにくくし、体に有害な影響を与えにくいのが特徴です。

ですから脂質は多いですがよっぽど食べ過ぎない限り、気にすることもないんですね!

 

 

さて、世間のこの商品の評価はどうなんでしょうか。
インスタグラムにてサーチしてみました!

「ボリュームがあって満足感がある!」

「生地はしっかりしていて、バナナの存在感が程よく美味しい」

「たっぷり入ったクリームは甘すぎなくて軽やかな口当たり」

「もちもち生地でホイップがおいしい!」

「バナナが結構入ってて驚き!」

「皮が本当にもちもちしてて、ほんのり甘みがあるので皮だけでも美味しい!」

 

全体的に評価が高いですね!
期待が膨らみます!

食べてみた

それでは実食!
上から大きくかぶりつきます。

生地がやわらかく、ホイップがふわふわで甘くて美味しい!
そしてレビューにもあったようにボリュームがすんごいです!
もともと小食な方であれば、かなりお腹が膨れると思います。

1口食べたところで気付きました。
「ん?バナナはどこ?」

かなり大きくかぶり付きましたが、バナナが見当たりません。

バナナを入れ忘れたのか?(笑)
そんなことあるわけないですよね…

もう一口頂きます。

二口目でバナナに遭遇しました!
しかも、バナナがかなりの存在感です。
クレープの真ん中の部分から下まで、ほぼ丸ごとバナナです。
バナナ好きにはたまらないでしょう。
これだけのサイズのバナナが入ったクレープはなかなか無いんじゃないでしょうか。
かなりのインパクトがありました!

製造元を調べてみました

製造元を調べてみると、「株式会社デザートランド」
という会社であるという事が分かりました。

デザートランドとは

昭和45年11月創業、設立の手作りデザート(洋生菓子)専門メーカーとして、カップ製品、シュークリーム、エクレア、クレープ等を製造しているとのことです。

北海道から沖縄まで関連会社2工場を含む全国9工場の生産拠点を設け、新鮮な商品及び地域の旬の商品をコンビニエンスストアを中心に、日本全国へと供給しています。

ファミリーマートで販売されているスイーツの中でも、デザートランドが製造している商品は多くありそうですね。