きなこ尽くしの白玉ぜんざい セブンイレブン 実食!

こんばんは。

ついにゴールデンウィークが始まりました。

皆様いかがお過ごしですか?
さて、今日はきなこ尽くしの白玉ぜんざいをご紹介します!

では、商品説明から!

名称:きなこ尽くしの白玉ぜんざい

原材料名:つぶあん、乳等を主要原料とする食品、クリーム(乳製品)、佐藤、白玉粉、きな粉、牛乳、

きな粉調製品、ゼラチン、トレハロース、加工澱粉、乳化剤、グリシン、カラメル色素、増粘剤(CMC、増粘多糖類)、酵素、

(原材料の一部に卵・乳成分・大豆を含む)

カロリー:熱量401㎉ タンパク質5.4g 脂質23.6g 炭水化物41.8g ナトリウム26mg

価格:278円(税込300円)

 

商品画像はこちら

上から見たらきなこが山盛り入った何かという感じですが、

横から見たら断面としては下からきなこクリーム、つぶあん、白玉、きなこといった層になっています。
カップの容量でいうと、200cc位入りそうなカップに山盛りですので、結構ボリュームがあります。

では!実食!

スプーンを入れると早速白玉が2つ入っています。

スプーンを奥のほうまで入れて、クリーム、粒あん、きなこと一緒にいただきます!

パクリ!

んま!!

セブンの和菓子はクオリティが高いのですが、今回はきなこのクリームが入っていて、ちょっと洋風な感じもします。
そして、思っていた以上のボリューム。一人では食べきれず。
濃い緑茶と食べることをお勧めします。

しかし、このスイーツ、きなこ感がすごいです。
クリームもきなこクリームですし、一番上にこれでもかときなこが。

さて、ここで気になった事。きなこの栄養ってどんなでしょう?

調べてみました。

まず、きなことは?

きな粉(きなこ、黄粉)は、大豆を炒って皮をむき、挽いた粉である。加熱により大豆特有の臭みが抜け、香ばしい香りになる。語源は「黄なる粉」で、黄な粉とも書く。

ただし実際には黄色ばかりの粉とは限らず、黄大豆を原料にしたきな粉は黄褐色なのに対し、青大豆を原料にしたきな粉は淡緑色なので、「青きな粉」や「うぐいすきな粉」と呼ばれる。

ほほぅ。うぐいすきな粉、知ってましたが抹茶か何か混ぜたものだと勝手に思っていましたが、大豆の種類で黄緑色だったんですね。
知りませんでした。

きな粉の栄養は?

きな粉には多くの蛋白質が含まれている。また、大豆オリゴ糖により善玉菌を増加させ、食物繊維も多く含み、便を軟化させる栄養素を持つため、便秘改善に役立つ。また、粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養素を効率的に摂取できる。他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルも多く含まれている。前述のオリゴ糖の働きを上げるため乳製品(主にヨーグルト製品)を同時に摂取すると効率が良く、その利便性から、近年ではプロスポーツ選手も牛乳に溶かすなどして、よく摂取している。

大豆オリゴ糖というのが含まれていて、便秘改善に役立つとはしりませんでした!
カルシウム、カリウム、リン、鉄なんて、妊婦さんにめっちゃいいですよね。

そういや、今日テレビを見ていたら唐揚げを作る際に、きな粉とよくにた大豆粉というものを使うと、油の吸収率が少なく、ダイエットに向いた唐揚げになるとやっていました。
大豆、すごい!

そして、よく聞く「大豆イソフラボン」これもきな粉は大豆そのものですから沢山含まれています。

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。
加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、それに伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれるそうです。

大豆イソフラボン、そんなにすごい栄養素だったんですね。。。
女性は特に気にして食べても良いのではないでしょうか?きな粉!

きなこが沢山入った、今回のスイーツ「きなこ尽くしの白玉ぜんざい」女性にうれしいスイーツですね!