プリン&ホイップ生どら 新発売 実食してみました セブンイレブン

こんにちは。
季節の変わり目、体調不良になりやすい今日この頃、皆様お元気ですか?

今日はセブンイレブンの新発売スイーツ、

「プリン&ホイップ生どら」を実食レポートしてみたいと思います!

名称:プリン&ホイップ生どら

原材料名:卵、砂糖、牛乳、小麦粉、カスタードベース(牛乳、砂糖、卵黄、麦芽糖、その他)、乳等を主要原料とする食品、クリーム(乳製品)、加工油、カラメルソース、蜂蜜、ゼラチン、寒天加工品、乳化剤、グリシン、加工澱粉、グリセリン、香料、ph調整剤、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆を含む)

カロリー:熱量229㎉ タンパク質5.3g 脂質11.1g 炭水化物26.8g ナトリウム101mg

価格:178(税込192円)

 

商品画像はこちら

袋に入ったままではよくわかりませんね。

だしてみました。

ホットケーキでも焼いたの?というまだまだわかりにくい画像です。

お次は断面です。

今回は私にしては綺麗に切れました!
おわかりいただけるだろうか?
どら焼き生地の次にホイップクリーム、そしてカラメル、そしてプリンという贅沢な中身。

プッチンとするようなプリン類よりもかなりどっしりとしたプリンで、
食べ応えもありそう!

では、頂きます!

オーーー!美味しい!!

思っていたよりプリンのどっしり感が洋風の黄身餡の様で、和に近い感じが個人的にします。
羊羹ほどは固くないのですが、プリンというより、固めたカスタードと言いますか。
このくらいしっかりしておかないと、水分が出て、どら焼きがベチャッとしてしまうんでしょうね。
どら焼き記事部分もしっとりしっかりおいしいです。

濃い緑茶やストレートティーがあいそうです。

さて、今回誰もが知るどら焼きですが、ルーツはご存じですか?

通常どら焼きはひらがなで

・どら焼き

もしくはカタカナ

・ドラ焼き

と表示されますが、
実は、感じですと、

銅鑼焼きと書きます。

銅鑼とは、打楽器の銅鑼の事です。

おお!どら焼き!!っぽい!

まさしくどら焼きは銅鑼に似ていることからどら焼きという名前になったと言われて居ます(諸説あります)

ちなみに関西では「三笠」とも言われて居ます。
これは、奈良の三笠山に形が似ていることからつけられたと言われて居ます。
三笠山、別名若草山と言って、奈良公園に隣接しています。

画像をどうぞ。

あはは!確かに!こんもり平べったくてどら焼きにも見えます!かわいい山です!
そして、どら焼きと一口にいっても、生地、餡色々あります。
・生クリームと餡をホイップしたものを入れた通称「生どら」
・大阪土産で有名な五色のお豆を入れた「五色どらやき」
・カスタードクリームを入れたもの
・ジャムをいれたもの
・アイスクリームを入れた冷凍のもの
などなど、全国に色んなバージョンのどら焼きが存在しています。

今回のプリン入りも私は個人的に初めて食べましたが、全国的にはそれほど珍しいものではないらしく、湯布院で名物として販売されているそうです。
それも一度機会があれば食べてみたいものです。

ちなみに大人気アニメ「ドラえもん」の大好物はどら焼きです。
好物なのはあまりにも有名なお話ですが、なぜ好きかご存じですか?
それは、

ドラ焼きのあんこに含まれる成分が、ドラえもんのエネルギー源として最も適しているから

ドラえもんはどら焼きで動いている(衝撃)

上記の設定は昭和の設定wらしいのですが、現在は
ロボット学校のガールフレンドにもらったどら焼きが美味しすぎて大好きになったという説が有力のようです。
他にも藤子・F・不二雄先生の好物だったという話も。

 

今回のブログを書いていて、自分が小さい頃、テレビでドラえもんがどら焼きを食べているシーンをみると無性にどら焼きを食べたくなった事を思いだしました。
お供の飲み物はキリッと冷えた牛乳で!

今回の記事は以上です!